« LイブドアとNッポン放送について | Main | 昼飯 »



 Eric Stover先生はこの研究に基づいた発表で、population-based surveyとethnographic studyに基づいた研究であるので非常にしっかりしていた。日本の地域研究者のように一匹狼で現場を見るやりかたは、データの効率的採取+評価の点では劣るような気がする。もう一つあえて言うと、歴史研究者はdeconstructionに陥るあまり、これまでのmyth打破に専心して、constructiveな議論設定がややなおざりにされているような感があった。もちろん、私はnoviceなので、印象論だけれども、、、。やはり日本側ではK崎先生は光ってました。明日からメキシコだとのことで、Buen viaje。

 データをsurveyで採らないのであれば、現地とjoint studyにしてこちらのやり方をtechnology transferしないと、あまり意味ある研究にならないような気もしてきました。ドン・ロベルト(仮称)は我等のプロジェクトに大いに関心を示していました。彼は北九州出身かつギタリストだそうで、香住に連れて行ったら面白いかもね。



« LイブドアとNッポン放送について | Main | 昼飯 »



You're so awesome! I don't believe I have read a single thing like this before. So wonderful to discover someone with some unique thougghts oon this subject matter. Seriously.. thanks for starting this up. This website is onne thing that's needed on tthe internet, someone with some originality!

Posted by: Augusta Precious Metals | 2014.08.16 at 10:03 AM

Very nice post. I just stumbled upon your weblog and wished to say that I have really enjoyed browsing your blog posts. After all I will be subscribing to your feed and I hope you write again soon!

Posted by: Brustverkleinerung OP | 2014.12.29 at 04:05 AM

Fine way of telling, and fastidious piece of writing to take facts about my presentation focus, which i am going to deliver in institution of higher education.

Posted by: ultimate team coins | 2015.03.19 at 11:28 AM

Post a comment

(Not displayed with comment.)


TrackBack URL for this entry:

Listed below are links to weblogs that reference 「平和構築とグローバル・ガバナンス」シンポジウム:

« LイブドアとNッポン放送について | Main | 昼飯 »