« 直立歩行 | Main | 日経ビジネス2005年2月28日号 »

『金融腐蝕列島 呪縛』鑑賞

 貸しビデオで『金融腐蝕列島 呪縛』を見た。備忘録として書いておくが、このホームページによると、『藤森鉄雄>佐々木最高顧問、宮崎邦次>久山相談役、藤田一郎>岡田副頭取、杉田力之>中山頭取、等々であり』、『また、改革を行った「四人組」については、個別には特定されていないが、企画部副部長・後藤高志、同部次長・藤原立嗣、広報部長・八星篤、同部次長・小畠晴喜の四氏が実際に立ちあがった勇士』であると言う。

 映画では銀行の業務はほとんど出てこないが、第一勧銀事件をモデルとした朝日中央銀行の総会屋スキャンダル事件の模様が語られる。日比谷公園を中心にすえたところが映画として実感が出て、とても良いと感じた。それは、2005年3月号の図書に掲載された佐々木譲氏による「歴史を読むための地理感覚」 を思い出させる。北海道をベースとする佐々木氏にとって、信長・秀吉・家康による天下取りの戦いの地域的スケールは、石狩平野の範囲内であり、北海道感覚からすると小さいというのだ。現場に行くことの必要性というのは確かにこういうところにあるだろう。

|

« 直立歩行 | Main | 日経ビジネス2005年2月28日号 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/3084726

Listed below are links to weblogs that reference 『金融腐蝕列島 呪縛』鑑賞:

« 直立歩行 | Main | 日経ビジネス2005年2月28日号 »