« 経済教室 | Main | SkidelskyによるJohn Maynard Keynes: Hopes Betrayed 1883-1920を読む »

須田美矢子『量的緩和強化に副作用』を読んで

 4月5日日本経済新聞朝刊、経済教室、須田美矢子『量的緩和強化に副作用』を読んだ。疑問点は二つ。

 量的緩和政策を景気回復下でも強化し続ければ、量的緩和政策の解除における調整コストが大きくなる可能性が高い。

 調整コストとはどうやって測るのか?

 今はマネタリーベースに着目するよりも、こうした資金が活用され、経済活動の活発化とマネーサプライの増加につながる芽が出てきているかどうか見極める時期にあるのではないだろうか。

 中央銀行はマネーサプライをコントロールできないと考えているのか?

|

« 経済教室 | Main | SkidelskyによるJohn Maynard Keynes: Hopes Betrayed 1883-1920を読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

It's very straightforward to find out any topic on net as compared to textbooks, as Ifoind this poszt at this web page.

Posted by: work at home | 2014.07.30 at 02:07 PM

It's impressive that you are getting ideas from this paragraph as well as from our dialogue made at this place.

Posted by: رش الحشرات | 2014.08.18 at 06:45 AM

Thanks for finally talking about >須田美矢子『量的緩和強化に副作用』を読んで: みごろ、よみごろ、しらべごろ

Posted by: رش مبيدات جدة | 2014.08.19 at 08:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/400010

Listed below are links to weblogs that reference 須田美矢子『量的緩和強化に副作用』を読んで:

« 経済教室 | Main | SkidelskyによるJohn Maynard Keynes: Hopes Betrayed 1883-1920を読む »