« Memo to myself on Bernanke's view on outsourcing | Main | MTM: 日米経済の潜在成長力 »

MTM: インフレ期待の計測

ESRI Discussion Paper Series No.91
カールソン・パーキン法によるインフレ期待の計測と諸問題
2004年3月

堀 雅博(内閣府)
寺井 晃(東京大学大学院博士課程)

1.問題意識  生産、消費、投資、金利、為替など、マクロ経済変数の決定過程において人々の「期待」が重要な役割を果たすことは広く認識されている。しかし、期待それ自体は観察不能であり、データが存在しないことから、期待に関連する実証の試みは必ずしも成功していない。本研究ノートでは、そうした状況下、サーベイ・データを利用した期待インフレ率計測の試みとしてわが国でも利用例が散見されるカールソン・パーキン法(Carlson and Parkin [1975]、以下CP法)を取り上げ、日本の公表データに適用した結果を紹介するとともに、その過程で明らかになる幾つかの問題点を指摘する。 …

|

« Memo to myself on Bernanke's view on outsourcing | Main | MTM: 日米経済の潜在成長力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/389256

Listed below are links to weblogs that reference MTM: インフレ期待の計測:

« Memo to myself on Bernanke's view on outsourcing | Main | MTM: 日米経済の潜在成長力 »