« ブラジルのスラム対策(FT) | Main | Krugman on US Interest Rate (NYT) »

Bernanke講演を読んで

先に触れたBernankeの講演で勉強になった部分をちょっと記録する。

What do markets expect about the future course of monetary policy? The question is important to policymakers, not because we are concerned necessarily that we should meet the market's expectations--such a strategy quickly degenerates into a hall of mirrors--but as a check on the efficacy of our communication. If the policy expectations of the market differ significantly from the policy expectations of central bankers, then the two leading possibilities are, first, that the policy committee has not accurately communicated its outlook and objectives or, second, that the market hears the policy committee's message but is skeptical of it.

これに関して思い出したのは田谷審議委員の記者会見における以下の部分:

(問) 1月20日の日銀当預残高引き上げの決定については正しい理解が得られているのか。

(答) 既に間接的に答えたと思っているが、ある行動を採った後、誤解を含む様々な解釈が出て来るということ自体まだ我々のコミュニケーションが不十分であるということを示しているのではないか。我々としては、もう少し市場とのコミュニケーションを図っていく必要があると思っている。

(問) 市場の理解が得られていないということのデメリットは何か。

(答) 今、具体的に申し上げることは難しいが、例えば、金融緩和継続に対する条件をさらに変えていくような場合、その解釈について、我々の意図するところと違う解釈が出てくる可能性がある。そうした誤った解釈がマーケットにネガティブ・インパクトを与える可能性もある。また、我々が、景気の現状判断とか物価見通しを公表しても、必ずしも額面通りに受けとってもらえなくなるような可能性もあろう。

(問) 1月20日の決定については、市場関係者から正しい理解を得られなかったというように感じておられるのか。

(答) そういう側面もあるのではないか。個人的にはマネーサプライやマネタリーベースのコントロールのためにやったものではないと思っているが、そういう解釈をする人もいるし、為替相場対策だと理解している人もいる。量的緩和効果について誤った解釈もある。このように解釈の幅がかなり広いということは、我々の努力が今少し足りないのかなと思う。

(問) なぜ、誤った解釈が市場で起こるのか。

(答) 我々の努力不足が原因と思う。

(問) 努力不足ということではなく、審議委員は1月20日の当預残高引上げが適当ではなかったとの立場をとっておられるものと理解している。そうであれば、「1月20日の決定は間違いであった」と言えるのではないか。

(答) 私の口から、1月20日の決定が間違いであったと申し上げることは出来ない。仮に皆さんがそう解釈するというのであれば、私は「ああ、そうですか」と言うだけである。

 田谷審議委員の意見は、当面はBernankeの基準を満たしているといえる。しかし、最後の質疑応答部分についてはこんな感想をもった。「マーケットが予測していない行動を中央銀行がすべきでない」と考えるとすれば、それはBernankeの基準に照らして異なった意見であるといえよう。つまり、上手にコミュニケーションが取れていないとすれば、田谷審議委員が言うように、それを直すのが重要であり、コミュニケーションが取れない可能性があること自体は政策判断の理由にはなりにくい。それは、結局、Bernankeの言うHall of Mirrorsに入ってしまうからである(初歩のゲーム論的に言うと、先導者から追随者になってしまうことも意味する)。この関連で、日銀総裁の財政金融委員会での発言を評価しなければならないと考える。すなわち、より洗練された議論を試みたということだろう。これをあまり大マスコミが注目していないのはなぜだろう?なぜかしら?

|

« ブラジルのスラム対策(FT) | Main | Krugman on US Interest Rate (NYT) »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/452165

Listed below are links to weblogs that reference Bernanke講演を読んで:

« ブラジルのスラム対策(FT) | Main | Krugman on US Interest Rate (NYT) »