« クレムノロジーと中央銀行ウォッチ | Main | MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む »

ブレジンスキー新著に関する書評を読む

 Tne New York Review of Books掲載のWilliam PfaffによるThe American Mission?と題された、ブレジンスキーの新著"The Choice: Global Domination or Global Leadership"に関する書評を読んだ。
 国際政治学は横目でほんのわずかしかかじったことがないので、ワシントンにいるころ同世代の学生が、ブレジンスキーの研究助手をやってますなどと言っていたなぁという感想しかないのだが、私の偏見としては、ブレジンスキーという名前からわかるように東欧出身なので、その体化された東欧の世界観を上手に広げて利用しているといった感じがある。その点では、オルブライトにも似たようなイメージをもっている。 東欧からウクライナ、トルコを通って、アフガニスタン、そしてウズベキスタンへと、旧ソ連の周りの事象を上手に特筆するというのが腕の見せ所で、国際政治には「海洋系」のライター(一般にはアングロ・サクソン系)と「大陸系」のライターがいるというのがこれも私の偏見だが、ブレジンスキーは「亜大陸系(大陸周辺系)」ライターということにでもなるか(たとえば、キッシンジャーについては勝手に「海洋系」ライターと区分けしている)。
 書評によれば、ブレジンスキーさんは「国際政治のホッブス的イメージ」を持っていて、「理想主義」で勝負するというやり方らしく、さらに、米国の外交政策エキスパートが一様に似たような性向を示しているといったところが私の収穫。書評の最後の部分が面白かったので、抜書きしておく。

When American officials and policy experts come to Europe saying that "everything has changed," warning that allied governments must "do something" about the anti-Americanism displayed last year in connection with the Iraq invasion, the Western European reaction is often to marvel at the Americans' inability to appreciate that the source of the problem lies in how the United States has conducted itself since September 2001. They find this changed United States rather menacing. An Irish international banker recently observed to me that when Europeans suggest to visiting Americans that things have changed in Europe too, as a direct result of America's policies, "it's as if the Americans can't hear." A French writer has put it this way: it has been like discovering that a respected, even beloved, uncle has slipped into schizophrenia. When you visit him, his words no longer connect with the reality around him. It seems futile to talk about it with him. The family, embarrassed, is even reluctant to talk about it among themselves.

このような米国の外交政策観が日本の政策担当者にどのように受け止められ、利用されているか、というところが興味深いところだ。畑違いなので、誰かに教えてもらおう。

|

« クレムノロジーと中央銀行ウォッチ | Main | MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/331877

Listed below are links to weblogs that reference ブレジンスキー新著に関する書評を読む:

« クレムノロジーと中央銀行ウォッチ | Main | MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む »