« ブレジンスキー新著に関する書評を読む | Main | Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読み終わる »

MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む

 書評を集中的に読むのは好きです、いつでもできるとは限りませんが。すぐ下の投稿のように、今日は「書評読みモード」です。一昨年に一本、去年に一本半(半というのは著書紹介だったので)と書評書きも近年は経験したので、良い書評を書くのが如何に大変かわかり始めました。そういえば、ある大学のゼミでは書評書きが卒論になるのだそうです。先生は、学生はまだ研究できないと仰って、書評書きに専念させるそうなのです。私は、書評論文よりも研究論文のほうが年季が要らない分、学生には簡単なような気がしますが。
 さて、New York Timesの有名なMichiko Kakutani女史が書いた書評です。タイトルは、AT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIG、著者はJohn Gimlette。Kakutaniはよく誉めています。中味はパラグアイの旅行記+紹介。パラグアイは南米の陸国ですが、どれだけ文学的想像力をかきたててきたかについては、以下のKakutaniの紹介を書き出してみます。

It was Paraguay that provided the inspiration for ''Nostromo,'' Conrad's dark parable about greed and corruption, and Paraguay that inspired a land of cannibals and bestiality in Voltaire's ''Candide.'' G. K. Chesterton saw the landlocked country as a ''lost Paradise,'' while Graham Greene described its capital, Asunción, as a nexus of ''the exotic, the dangerous and the Victorian.''

For the mad dictator in ''I the Supreme,'' the masterwork of Paraguay's most famous novelist, Augusto Roa Bastos, the country was not the ''doghouse stricken with hydrophobia'' that its detractors saw but a ''real Utopia,'' the ''center of Meridional America,'' whose fate was ''to be the political destiny of the American continent.''

 コンラッドのノストロモは私の大好きな小説の一つですが、ノストロモ(という国)は太平洋に面した、おそらくチリだと思うのですよね。そのへんは後日の宿題にして、パラグアイとはなかなか不思議な国であるようです。私は行ってません。いつか行きたいものです。そのためにも、買って読むリストに入れます。Kakutaniさんはこう締めます。

In the end such historical personages come together with the many people Mr. Gimlette meets on his own travels to create a portrait gallery of Paraguayan history, a history so improbable that it would have been difficult to believe if the author had written it as a novel.

 英文和訳の試験問題のような文だと思いました。

|

« ブレジンスキー新著に関する書評を読む | Main | Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読み終わる »

美容・コスメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/333354

Listed below are links to weblogs that reference MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む:

« ブレジンスキー新著に関する書評を読む | Main | Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読み終わる »