« Memo to myself on monetary policy modelling | Main | 稲葉振一郎『経済学という教養』を斜め読む »

Memo to myself on balance sheet

2004.03.31 UPDATE
【絶対に潰れない中小企業経営】

自己資本比率40%、流動比率200%を実現せよ

  今回は、企業の体力を判断するための指標を取り上げる。

  貸借対照表から導かれる指標で第1に重要なのは自己資本比率である。あの会社は内容が良い、良くないなどと世評に上る時、その評価基準の根本には、この自己資本比率がある。

  自己資本比率が30%を越えると、支払手形を発行しなくて済むようになる。つまり取引における仕入れは、すべて現金での決済が可能になる。自己資本比率が40%を超えると、支払いのための手形割引が減り、資金繰りが非常に楽になる。…

中小企業はたしかに上場企業とは異なる。

|

« Memo to myself on monetary policy modelling | Main | 稲葉振一郎『経済学という教養』を斜め読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/374373

Listed below are links to weblogs that reference Memo to myself on balance sheet:

« Memo to myself on monetary policy modelling | Main | 稲葉振一郎『経済学という教養』を斜め読む »