« MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む | Main | Stephen Cecchetti、FTでFedのcommunication strategyを議論する »

Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読み終わる

 MITの政治学Associate ProfessorであるChappell Lawsonc: Democratization and the Rise of a Free Press in Mexicoをパラパラ読み終わった。以前に書いたこと以外では、Lawsonは、market competition in media industryの役割を高く評価している。すなわち、政府にコントロールされていたり、寡占であるとmediaはfreeになりにくいというのだ。1980年代中盤からのメキシコの経済自由化もこの点から評価される。例えば、GATTへの加盟は、新聞用紙の輸入が簡単になるという効果を通じて、もし政府によって国内の用紙供給を差し止められても、海外に供給を求めることができるようになったという。
 なかなか良い本だった。

|

« MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む | Main | Stephen Cecchetti、FTでFedのcommunication strategyを議論する »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/336743

Listed below are links to weblogs that reference Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読み終わる:

« MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む | Main | Stephen Cecchetti、FTでFedのcommunication strategyを議論する »