« MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む | Main | Stephen Cecchetti、FTでFedのcommunication strategyを議論する »

Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読み終わる

 MITの政治学Associate ProfessorであるChappell Lawsonc: Democratization and the Rise of a Free Press in Mexicoをパラパラ読み終わった。以前に書いたこと以外では、Lawsonは、market competition in media industryの役割を高く評価している。すなわち、政府にコントロールされていたり、寡占であるとmediaはfreeになりにくいというのだ。1980年代中盤からのメキシコの経済自由化もこの点から評価される。例えば、GATTへの加盟は、新聞用紙の輸入が簡単になるという効果を通じて、もし政府によって国内の用紙供給を差し止められても、海外に供給を求めることができるようになったという。
 なかなか良い本だった。

|

« MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む | Main | Stephen Cecchetti、FTでFedのcommunication strategyを議論する »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読み終わる:

« MICHIKO KAKUTANIによるAT THE TOMB OF THE INFLATABLE PIGの書評を読む | Main | Stephen Cecchetti、FTでFedのcommunication strategyを議論する »