« 安達 誠司、デフレ構造要因を分析する | Main | 誠実な報道(ジーコ監督会見) »

Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読む

 MITの政治学Associate ProfessorであるChappell LawsonBuilding the Fourth Estate: Democratization and the Rise of a Free Press in Mexicoをパラパラ読んでいる。メキシコの民主化に関心がある(ごく少数の)向きにはmust-read bookだが、メキシコの政治経済に関心がある方(これも少数か?)にも非常に面白い。
 とくに面白いのは、Figure 1: Independence, ideology, and circulation of Mexico City newspapers, 1995-96である。主要新聞を政府からの独立、イデオロギー、出版部数で図を書いたもの。うすうすとこんな状況だとは思っていたが、緻密な分析結果がこう出るとやはり凄い。
 グアダラハラのSiglo 21って新聞は89年当時は読むに値しないと思っていたが、私の眼力が無かったのね。

|

« 安達 誠司、デフレ構造要因を分析する | Main | 誠実な報道(ジーコ監督会見) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読む:

« 安達 誠司、デフレ構造要因を分析する | Main | 誠実な報道(ジーコ監督会見) »