« 安達 誠司、デフレ構造要因を分析する | Main | 誠実な報道(ジーコ監督会見) »

Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読む

 MITの政治学Associate ProfessorであるChappell LawsonBuilding the Fourth Estate: Democratization and the Rise of a Free Press in Mexicoをパラパラ読んでいる。メキシコの民主化に関心がある(ごく少数の)向きにはmust-read bookだが、メキシコの政治経済に関心がある方(これも少数か?)にも非常に面白い。
 とくに面白いのは、Figure 1: Independence, ideology, and circulation of Mexico City newspapers, 1995-96である。主要新聞を政府からの独立、イデオロギー、出版部数で図を書いたもの。うすうすとこんな状況だとは思っていたが、緻密な分析結果がこう出るとやはり凄い。
 グアダラハラのSiglo 21って新聞は89年当時は読むに値しないと思っていたが、私の眼力が無かったのね。

|

« 安達 誠司、デフレ構造要因を分析する | Main | 誠実な報道(ジーコ監督会見) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/321762

Listed below are links to weblogs that reference Chappell LawsonのBuilding the Fourth Estateをパラパラ読む:

« 安達 誠司、デフレ構造要因を分析する | Main | 誠実な報道(ジーコ監督会見) »