マンキュー経済学[第二版]ミクロ編パワーポイント日本語スライドなど

 マンキュー経済学[第二版]ミクロ編パワーポイント日本語スライドへのリンク『スペイン語で学ぶ日本経済論』講義パワーポイント(20時間用)へのリンク。電子新書『大学授業の型』(未完成版)へのリンク。

| | Comments (32)

SDGs実現には経済成長が重要という身も蓋もない話

一般にSDGsの考え方は、あの項目が上手くいってない、この項目が上手くいってない、なので、それを改善するには一年間にこれぐらい公共の金が要るという話になる。それをファイナンスするには1)租税の税率を上げるか、2)税の徴収効率を上げるか、3)成長して租税収入を増やすかになる。最初の二つはなかなか大変なので、SDGs実現には経済成長が重要という身も蓋もない話になる。それだけなのに、世の中のSDGsファンが何をそう憧れているのか不明。

| | Comments (0)

Haiti's apparel exports seen rising despite turmoil

Haiti's apparel exports seen rising despite turmoil

| | Comments (0)

小鹿野

わらじカツ丼の元祖「秩父小鹿野の安田屋」
モーターサイクル(小鹿神社(バイク神社))
野球独立リーグBCリーグ小鹿野総合運動公園野球場(小鹿野球場)
歌舞伎(演劇界2018年4月)関連して「農村歌舞伎

小鹿野×アニメだとこれ

| | Comments (0)

Mario Vargas LLosa on liberty

Foreign Policy piece. 2009


"Rather, true identity springs from the capacity of human beings to resist these influences and counter them with free acts of their own invention."


 


Cultura de la libertad y libertad de la cultura


1985

| | Comments (0)

ラジャン、Rajan、コリアー、Collier、and what?

ラジャン(経済学者、前インド中銀総裁、世間的には2008の金融危機を予知したone of the few)がコミュニティを第三軸として推す本を書き(添付は関連してタイラー・コーエンとのポッドキャスト)、はたまたコリアー(アフリカ経済が専門だったがbottom of the billionで一挙にスター経済学者に)が新著The Future of Capitalismでコミュニタリアンな倫理を勧めているのを観て(サンデル推奨は納得だが、アカロフ激賞、ロドリックも推奨)、腕を組む。尻馬に乗る前に最低、a.速水先生の分析との比較、b.リバタリアニズムとの比較が付け馬よろしくついて来るだけにまだ積ん読か。もう一本不足。なので当面メモ書き。

| | Comments (0)

経済学原論テキスト

マンキューからALLもしくはCOREへ。

ALL = Acemoglu, Laibson & List
ノア・スミスのコラム

| | Comments (0)

サイエンス・フィクション、歌舞伎、経済学

サイエンス・フィクション、歌舞伎、経済学

1)サイエンス・フィクション、歌舞伎
「世界」で話が決まる。例:ステファニー・メイヤー『ホスト』。 
2)サイエンス・フィクション、経済学
Very Short Introductions, SFの定義。モデル。
3)歌舞伎、経済学
自己訓練かしら、、、?

| | Comments (0)

The Evolutionary Foundation of Modern Economy 現代経済の進化論的基礎

The Evolutionary Foundation of Modern Economy 現代経済の進化論的基礎

別題: Foundation of Institutional Comparative Economics
書評を通じて、現代経済の進化論的基礎を理解することに貢献する。
  1. デネット『心の進化を解明する』
  2. Henrich, Secret of Our Success
  3. シーブライト『殺人猿・・・』
  4. 『制度を考える』
  5. 行動経済学
The Evolutionary Foundation of Economicsという本があって、Herbert Simonが利他主義について一章を書いている。おそらく、これは各論として大事。

| | Comments (0)

Daniel C. Dennett: From Bacteria to Bach and Back: The Evolution of Minds

Home at last

This completes our journey from bacteria to Bach and back. It has been a long and complicated trek through difficult terrain, encountering regions seldom traveled by philosophers, and other regions beset by philosophers and typically shunned by scientists. I have invited you to take on board some distinctly counterintuitive ideas and tried to show you how they illuminate the journey. I would now like to provide a summary of the chief landmarks and remind you of why I found them necessary waypoints on the path.
We began with the problem of the mind and Descartes’s potent polarization of the issues. On one side, the sciences of matter and motion and energy and their support, thanks to evolution, of life; on the other side, the intimately familiar but at the same time utterly mysterious and private phenomena of consciousness. How can this dualist wound be healed? The first step in solving this problem, I argued, is Darwin’s strange inversion of reasoning, the revolutionary insight that all the design in the biosphere can be, must ultimately be, the product of blind, uncomprehending, purposeless processes of natural selection. No longer do we have to see Mind as the Cause of everything else.
Evolution by natural selection can mindlessly uncover the reasons without reasoners, the free-floating rationales that explain why the parts of living things are arranged as they are, answering both questions: How come? and What for? Darwin provided the first great instance of competence without comprehension in the process of natural selection itself. Then Turing’s strange inversion of reasoning provided an example, and a workbench for exploring the possibilities, of another variety of competence without comprehension: computers, which unlike the human agents for which they were named, do not have to understand the techniques they exploit so competently. There is so much that can be accomplished by competence with scant comprehension—think of termite castles and stotting antelopes—that we are faced with a new puzzle: What is comprehension for, and how could a human mind like Bach’s or Gaudí’s arise? Looking more closely at how computers are designed to use information to accomplish tasks heretofore reserved for comprehending human thinkers helped clarify the distinction between “bottom-up” design processes exhibited by termites—and by natural selection itself—and “top-down” intelligent design processes. This led to the idea of information as design worth stealing, or buying or copying in any case. Shannon’s excellent theory of information clarifies the basic idea—a difference that makes a difference—and provides it with a sound theoretical home, and ways of measuring information, but we need to look further afield to see why such differences are so valuable, so worth measuring in the first place.
The various processes of Darwinian evolution are not all the same, and some are “more Darwinian” than other processes that are just as real, and just as important in their own niches, so it is important to be a Darwinian about Darwinism. Godfrey-Smith’s Darwinian Spaces is a good thinking tool for helping us plot not only the relations between the way different species evolve but also the way evolution itself evolves, with some lineages exhibiting de-Darwinization over time. Returning to the puzzle about how brains made of billions of neurons without any top-down control system could ever develop into human-style minds, we explored the prospect of decentralized, distributed control by neurons equipped to fend for themselves, including as one possibility feral neurons, released from their previous role as docile, domesticated servants under the selection pressure created by a new environmental feature: cultural invaders. Words striving to reproduce, and other memes, would provoke adaptations, such as revisions in brain structure in coevolutionary response. Once cultural transmission was secured as the chief behavioral innovation of our species, it not only triggered important changes in neural architecture but also added novelty to the environment—in the form of thousands of Gibsonian affordances—that enriched the ontologies of human beings and provided in turn further selection pressure in favor of adaptations—thinking tools—for keeping track of all these new opportunities. Cultural evolution itself evolved away from undirected or “random” searches toward more effective design processes, foresighted and purposeful and dependent on the comprehension of agents: intelligent designers. For human comprehension, a huge array of thinking tools is required. Cultural evolution de-Darwinized itself with its own fruits.
This vantage point lets us see the manifest image, in Wilfrid Sellars’s useful terminology, as a special kind of artifact, partly genetically designed and partly culturally designed, a particularly effective user-illusion for helping time-pressured organisms move adroitly through life, availing themselves of (over)simplifications that create an image of the world we live in that is somewhat in tension with the scientific image to which we must revert in order to explain the emergence of the manifest image. Here we encounter yet another revolutionary inversion of reasoning, in David Hume’s account of our knowledge of causation. We can then see human consciousness as a user-illusion, not rendered in the Cartesian Theater (which does not exist) but constituted by the representational activities of the brain coupled with the appropriate reactions to those activities (“and then what happens?”).
This closes the gap, the Cartesian wound, but only a sketch of this all-important unification is clear at this time. The sketch has enough detail, however, to reveal that human minds, however intelligent and comprehending, are not the most powerful imaginable cognitive systems, and our intelligent designers have now made dramatic progress in creating machine learning systems that use bottom-up processes to demonstrate once again the truth of Orgel’s Second Rule: Evolution is cleverer than you are. Once we appreciate the universality of the Darwinian perspective, we realize that our current state, both individually and as societies, is both imperfect and impermanent. We may well someday return the planet to our bacterial cousins and their modest, bottom-up styles of design improvement. Or we may continue to thrive, in an environment we have created with the help of artifacts that do most of the heavy cognitive lifting their own way, in an age of post-intelligent design. There is not just coevolution between memes and genes; there is codependence between our minds’ top-down reasoning abilities and the bottom-up uncomprehending talents of our animal brains. And if our future follows the trajectory of our past—something that is partly in our control—our artificial intelligences will continue to be dependent on us even as we become more warily dependent on them.

| | Comments (0)

経営とリベラルアーツ

野中氏のインタビューはこちら

これについてFBで下記のようにコメントした。

以下は作業仮説です。間違っているかもしれませんので、そう思って読んでください。

リベラルアーツが(経営に)重要という議論に私がつきあいたくないのには三つの理由があります。第一、リベラルアーツは何かの為に学ぶという点を越えたそれ自体の「趣味」としての楽しみがあります。経営や行政や何かのために学ぶというのではリベラルアーツを卑小化する可能性があります。第二、リベラルアーツの習得にはかなりの膨大な時間がかかります。何かのためにというのではなく、それ自体が楽しくないとそれだけの時間は投入できないでしょう。第三に、リベラルアーツはすぐに体育および音楽に代表される芸術に関係してきます。なかなか掴み切れないのです。
科学的アプローチにおいて説明していないものは物語だという言明は最近の哲学、特に心(minds)の哲学の成果と対立するのではないかと思わせます。私のような半可通でもデネット『心の進化を解明する』を読んでみると、「物語」が「私たちがそこで生きる世界のイメージ」(コンピュータで言えばデスクトップのようなもの、ハードウェアやプログラム言語で書かれたプログラムではなく、クリックできるフォルダーやアイコンが存在する場)であること、そして、このイメージが、私たちは一生を通じ時間の制約に追われ続ける生物として俊敏に動くことを支援してくれる、ということを示唆してくれます。このイメージ、つまり外見的イメージは、部分的には遺伝によってデザインされ、部分的には文化的にデザインされています。この物語のなかでは、我々は登場人物である人や動物に過大にもしくは過剰に志向性(つまり意識)を求めてしまうのです。以上は科学的アプローチによる説明です。その意味でサイエンスと言ってもいいと思います。
20代の人がマネジメントを追い求めるのであれば、私の目下のアドバイスは、やはりサイエンスとしてのマネジメントだけでよい。そしてサイエンスの対象として物語を学ぶのが良いということになります。他方、マネジメントとは独立してリベラルアーツを学んで楽しめばよい。リベラルアーツにはそれだけの価値がある、ということになりましょうか。映画『スターウォーズ』を始める時に監督ルーカスが神話学の名作キャンベル『千の顔をもつ英雄』を参照したというのは有名なエピソードです。こういうエピソードの2.0や3.0をマネジメントで意識すればいいんじゃないかという気がします。確率の悪そうな「右手と左手をそれぞれに鍛えてから両手で真剣白刃取りを狙う」のではなくて、あくまでも一刀両断を目指すというイメージかしら。乱筆乱文失礼。

| | Comments (0)

巣鴨、ラーメンとバーの覚書

ラーメン

麺や いま村
意外とさっぱり。平日昼で空いていた。~22:30
バー
TOMITAYA 富田屋
この他、未踏だが、
アワーグラス
ユルリ バー
があるらしい。

| | Comments (0)

二月大歌舞伎、夜の部。素晴らしい。

二月大歌舞伎、夜の部。素晴らしい。
---
感想メモは以下の通り。言わば菊吉の絶頂。菊五郎は夜いないけど。
一番目は時代物、熊谷陣屋。相模(魁春)が繊細。軍次(又五郎)は実直。熊谷(吉右衛門)、花道にすっと出る。藤の方(雀右衛門)、品を表し、義経(菊之助)は格を保つ。熊谷、制札の見えはきっちりと。首実験は丁寧。相模のクドきは痛切。弥陀六(歌六)は複雑な設定を説得的。三度目の熊谷の出は吹っ切れた様子。最後の花道は圧倒的。義太夫語りは葵太夫、歌舞伎義太夫として絶品。
二番目は踊り、曽我物で春駒。左近、五郎を演じて眼玉が大きく、腰すわり、将来の荒事、蘭平物狂など楽しみ。周りは引き立てる。梅玉、又五郎、錦之助は納得。米吉、梅丸は綺麗。
三番目は新歌舞伎で生世話物、名月八幡祭。美代吉(玉三郎)、三次(仁左衛門)の千両役者たちを得て、松緑の当たり芸、前回も良かったけれどあらためて代表作の一つと確認。田舎出の実直な商人が江戸の都会の人々に狂わされてしまう。歌六、梅花、歌女之丞、京蔵、ぴたりと芝居の額にはまる。京由、セリフ0だけど綺麗だった。
***
「名月八幡祭」の三役。
松本女房おつた(序幕第一場 深川八幡二軒茶屋松本)、魚惣女房お竹(序幕第二場、浜魚惣裏座敷)、美代吉母およし(二幕目)と中年女性を演じる三役があった。今回は、それぞれ京蔵(京屋)、梅花(京扇屋、先代の芝翫丈の弟子、2016年10月幹部昇進)、歌女之丞(成駒屋、歌右衛門の弟子、2014年4月幹部昇進)が演じた。いずれも国立劇場歌舞伎俳優研修の卒業生であり、それぞれ第六期、第二期、第二期である。役として、せりふの多さ、出演時間からして、およし>お竹>おつた、であろう。そして、いま書いたように歌舞伎経験年数+位で言うと、まさに歌女之丞>梅花>京蔵であるので、そう役がついたかもしれない。
しかし、役の性格・特徴を考えると、まさに松本女房おつた(序幕第一場 深川八幡二軒茶屋松本)、魚惣女房お竹(序幕第二場、浜魚惣裏座敷)、美代吉母およし(二幕目)には、京蔵、梅花、歌女之丞だと思う。
まず、セリフが長く出演時間も長く、美代吉と新吉の関係に深く関わる「およし」には歌女之丞がぴったりだ。歌女之丞には出自の貧しさを表す演技力がある。もちろん、梅花や京蔵にも演技で出せるのだろうが、年数や位を考えずにここが決まる。次は、「お竹」だ。京蔵もできるのだろうが、梅花がよりはまる。梅花がよくやってきたのは大店のお嬢さんに使える年上のお手伝いさんである。そこから考えると、魚惣女房お竹には色気と格が必要になるが、そこを演技力で補っている。色気が出せるんだなぁと感心した。とすると、残るは「おつた」であり、先輩の京妙(京屋、第三期)もいるが、可愛い役者さんなのでこちらは手古舞に回して、京蔵が入る。手古舞と「おつた」とどちらが良い役かは難しいが、おそらくは「おつた」のほうがわずかに良い役だと思う。そこに、京蔵を配しても俳優の特徴からして順当なのかもしれない。もちろん、京蔵も手古舞はするし、京妙も茶屋の女房はできる。
役のしどころ、俳優の性格と、役者の年季と格が合ってよかった。おそらく、梅花も「およし」をいつかはやれるようにと精進するのだろうし、京蔵も「およし」や「お竹」をやれるようにと精進するのだろう。
さて、2年前2017年6月の「おつた」「お竹」「およし」はというと、それぞれ「市川段之(初代)」「坂東竹三郎(5代目)」「尾上辰緑(初代)」だった。猿之助が三次だったので、澤瀉屋の段之が入り、猿之助がよくお願いするので竹三郎さんが決まる。そして、音羽屋なので辰緑さんだったのだ。そして、辰緑さんは今回は呉服屋手代重助であった。この役は二幕目の冒頭に「およし」と絡み、全体のトーンを二人で醸し出す重要な役だ。ここに辰緑さんを配置するというプロデューサーの手腕だ。辰之助追善なので辰之助に入門した辰緑さんは厚遇したいという配慮も定まる。
猿三郎さんブログによれば、配役について名題には順番に電話がかかってきて、断ることができると言う。つまり、take it or leave itである。右若と猿紫の出演した歌舞伎夜話レポートによれば、電話には順番があるという。おそらくは名題昇進の順番であろう。幹部がどうなのかはわからないが、おそらくは似たようなルールがあるのだろう。つまり、歌女之丞、梅花と幹部が決まってから、京妙(1987年昇進)、京蔵(1994年)、辰禄(2000年)と電話が回ったのだろう。

| | Comments (0)

『編集委員 古賀重樹、「ローマ」が描く1970年。』に思う。

編集委員 古賀重樹、「ローマ」が描く1970年。
2019/02/23 日本経済新聞 夕刊 12ページ 771文字
「1969年のアポロ11号の月着陸は忘れられないね。僕もメキシコシティの家でテレビにかじりついていたよ」
 「ゼロ・グラビティ」(2013年)の公開時に来日したアルフォンソ・キュアロン監督は目を輝かせながらそう語った。キュアロンと記者は同じ1961年生まれで、誕生日もわずか6日違い。ほとんど地球の裏側にいた7歳の少年同士が同じ体験を共有していたことに奇妙な連帯感を覚えた。あれから50年である。
 「宇宙開発は人類の英知であり、祝福すべきことだ」。そんなキュアロンの楽観主義は少年期の原体験に根ざす。後にささやかれた「月着陸は米国のフェイクだ」という陰謀論など一笑に付す世代だ。85年生まれのデイミアン・チャゼル監督がアームストロング船長を描いた新作「ファースト・マン」のリアリズムに、記者は堅苦しさを感じた。これも世代のせいだろうか。
 キュアロンが自身の少年期を描いた新作「ROMA/ローマ」をネットフリックスで見た。配信作品でありながら、ベネチア国際映画祭で金獅子賞を射止め、スペイン語映画なのに、あす発表される米アカデミー賞で作品賞など最多の10部門にノミネートされた話題作だ。メキシコシティのコロニア・ローマ地区の中流家庭で働いていた先住民族の家政婦の日常を描いている。
 人類が初めて月に立った翌年の70年から71年までの物語だ。記者はまだ見ぬメキシコシティの光景に既視感を覚えた。露天商、市電、どぶ川、泥道、犬のふん、映画館の紫煙、テレビを囲む家族、宇宙遊泳、フォルクスワーゲン、武術の流行、学生デモ、そして女性の苦しみ……。
 1970年のメキシコと日本はこんなにも近い。それは均質化していく世界の都市の姿をも示している。月からの中継が世界に同時に流され、人々が共に歓喜した時代。そこに郷愁を感じるのは、おめでたい世代なのだろうか?
***
はい、おめでたい世代だと思います。記者は文化記事、特に映画記事が専門。「1970年のメキシコと日本はこんなにも近い。それは均質化していく世界の都市の姿をも示している。」本当でしょうか。1970年のメキシコシティ中産階級社会と東京は圧倒的に違う。それは住み込みのお手伝いさんの存在だ。それを「先住民族の家政婦の日常を描いている」と書きながら「女性の苦しみ」としか表現せず、「1970年のメキシコと日本はこんなにも近い」と表現してしまう知性を疑う。せめて、<こんなにも近い、されど、こんなにも遠い>と表現して欲しかった。
日本には、市原悦子さんの代表作「家政婦は見た!」のように家政婦はいないわけではない。しかし、1970年の中流家庭にはいなかった、はずである。この人の家にはいたのか?いないはずだ、なぜなら、いれば家政婦のおかれた境遇に思いを馳せらせる映画だからだ。ということは、この人には見えないのだ。
こちとらは映画館でやってくれないかなとばかりに、ネットフリックスで観るのを待っているのに。

| | Comments (0)

小島 寛之 (著)暗号通貨の経済学

暗号通貨の経済学 21世紀の貨幣論 (講談社選書メチエ) 単行本(ソフトカバー) – 2019/1/12
小島 寛之  (著)
サミュエルソン(1958)、ディプケ=シュナイダー(2017)、コチャラコッタ(1998)、清滝=ライト(1989)で暗号通貨を経済学的に解説している。

| | Comments (0)

本日おこなったこと。

本日、正当かつ無料でaaxファイルを手に入れ、それをOpenAudible.exeでmp3に変換すると夢想した。

| | Comments (0)

坂井 豊貴 (著)『暗号通貨VS.国家 ビットコインは終わらない』

暗号通貨VS.国家 ビットコインは終わらない (SB新書) 新書 – 2019/2/6
坂井 豊貴  (著)
著者が言うように、参考文献がしっかりついているのが良い。貨幣の本質は「交換の媒介」と言う(p.44)。

| | Comments (0)

牧野 邦昭『経済学者たちの日米開戦』リファレンス

経済学者たちの日米開戦:秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く (新潮選書) 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/25
牧野 邦昭 (著)
p.152 (39)
p.260
A Cross-Cultural Exploration of the Reference Dependence of Crucial Group Decisions under Risk: Japan's 1941 Decision for War
詳細のみ利用可能
Levi, Ariel S.; Whyte, Glen; Journal of Conflict Resolution, December 1997, v. 41, iss. 6, pp. 792-813, データベース: EconLit with Full Text
白山図書館
逐刊電動C洋
P361:J-2

| | Comments (0)

今村 仁司『交易する人間(』

交易する人間(ホモ・コムニカンス) (講談社選書メチエ) 単行本(ソフトカバー) –
2000/3/10
今村 仁司  (著)

| | Comments (0)

MASTER TAPE ~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~(2010)

三曲目、「きっと言える」、細野さんのガット・ギターが、彼の言うように、Bahia、ブラジルの音だった。

| | Comments (2)

『名盤ドキュメント ソリッドステートサヴァイヴァー』を観る

名盤ドキュメント ソリッドステートサヴァイヴァー』を観た。

Behind the Maskの分析にあるように「再構築」。壊すことではない。その意味で、restructuring。三名がスタジオに山のようにレコードを持ち込んで、こういう音をつくりたいと参考にしていたことも同じ話。
未完のプロジェクトの話にしてもつまらない。再構築で盤をつくりあげた話が良い。

| | Comments (0)

«野宮真貴×坂口修インタビュー